睡眠

睡眠時間は6時間必要

美肌と睡眠は思っている以上に関係の深いものです。
食事には気をつけていても、睡眠についてはそれほど考えていない人が多いようですが、じつは、睡眠不足が一番肌あれを引き起こします。

もちろん食事も大事ですが、すぐに肌や体調に影響を及ぼすのは睡眠です。
睡眠不足で1日中体がだるかったり、頭痛がしたり、誰でも経験したことがあるのでは?

人間が活動しているときは、血液のほとんどが脳に集まり、肌にまで栄養は行き渡りません。
睡眠しているときに血液は体中をめぐり、肌にも栄養がいくのです。


ホルモン分泌のためには規則正しい睡眠を

「22時〜2時の間は成長ホルモンが分泌するから、この時間は寝ていなければいけない。」
こんな話を聞いたことがありませんか?

2時はともかく、22時に睡眠なんていうのは現代社会では不可能ですよね。
じっさいのところ、どうなんでしょうか。

この話はサーカディアンリズムという学説に基づいた話なので、あながち的外れではありません。
ですから、12時ぐらいには寝る準備をしていたほうがよいでしょう。

成長ホルモンは、睡眠のはじめの3時間以内に分泌され、それによって肌の奥で細胞分裂が起こります。
この時間の睡眠は質のよいものにしたいですから、睡眠の直前までテレビを見たり、読書をしたりして刺激をしないほうがよいですね。

就寝1時間前には部屋の明かりを暗くして、質のよい眠りを誘いましょう。睡眠を誘う香りを楽しむのもよいかもしれません。

だた、就寝時間が日によって違うのはよくありません。体内時計が狂い、成長ホルモンがスムーズに分泌されなくなってしまいます。

Page Top ▲

住宅ローンについて