ビタミンB群

ひと口にビタミンB群といっても、ビタミンB1、B2、B3(ナイアシン)、B5(パントテン酸)、B6、B12と種類はたくさんあります。

ビタミンB群は水溶性であるため、ビタミンCなどと同様に水に溶け、体内にストックすることができません。そのため、ビタミンB群は食品やサプリメントでこまめに摂る必要があります。

豊富な種類のビタミンB群ですが、お肌にとって重要な働きをするものがビタミンB6です。
ビタミンB6は肌の栄養素となるアミノ酸をサポートし、欠乏すると細胞の新陳代謝が鈍くなります。また、健康面でもビタミンB6の欠乏は動脈硬化を招きます。

ビタミンB2は脂肪とタンパク質の代謝にかかわり、若さを保つビタミンです。

ビタミンB12は細胞の代謝を促進するビタミンで、ビタミンB2とビタミンB12は、細胞の新陳代謝を高め、お肌のダメージを回復するビタミンです。

また、ビタミンB6、ビタミンB12、そして葉酸はお互いに助け合って働きますから、ビタミンB群は、単独でとるよりもまとめて摂ったほうがより高い効果が得られます。

ビタミンB3(ナイアシン)、B5(パントテン酸)は、ストレスを緩和するビタミンで、女性ホルモンの合成やビタミンCの働きを助けたり、スキンケア・美容効果の高いビタミンです。


ビタミンB1の不足 ・・・ うつ病、神経炎
ビタミンB2の不足 ・・・ 肌と脳の老化
ビタミンB6の不足 ・・・ 脂肪肝、動脈硬化
ビタミンB12の不足 ・・・ 脳や神経の老化

Page Top ▲

住宅ローンについて