シワの原因と対策

シワができるのは、肌の奥の真皮に原因があります。

真皮のシワは、真皮にあるコラーゲン繊維が変質することで起こります。
コラーゲン繊維が弾力を失うことで、今までは元に戻っていた表情ジワが、徐々に戻らなくなってしまい、シワになっていくのです。

コラーゲン繊維を変質させる原因は、紫外線加齢

シワの原因となるコラーゲン繊維の変質は、紫外線によるコラーゲン繊維の硬化によって引き起こされます。
紫外線はコラーゲン繊維の硬化だけでなく、さらに、コラーゲンを分解する酵素に作用して、コラーゲンの量を減少させてしまいます。

また、シワの原因となるコラーゲン繊維の変質のもう1つは老化によって引き起こされます。
40歳を過ぎたあたりから、コラーゲンが新しく作られることはなくなり、その量は徐々に減少してしまいます。


そう、シワの原因は、真皮の栄養(=コラーゲン)不足。
シワを改善してハリをよみがえらせるには、肌の内と外の両側からたっぷりと栄養を与えて、真皮を充実させることがポイントです。


また、シワを作る要因には、老化のほかにも次のようなものがあります。

・紫外線
・日焼けやストレスによる活性酸素の増加
・乾燥によるうるおい不足
・細胞の炎症によるダメージ
・過酸化脂質の増加
・女性ホルモンの減少
・表情グセ


シワのない肌をつくる秘訣!

シワを改善するには、次の3つのアプローチが必要です。

(1)真皮に栄養を与える
(2)シワをもたらす要因を取り除く
(3)皮膚の老化を防いで若返らせる

Page Top ▲

住宅ローンについて