シミに効く美白化粧品

シミには美白化粧品が効くといわれていますが、シミの中にも美白化粧品が効くものと効かないものがあります。
美白化粧品が効くといわれているシミは、老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑です。

⇒ 老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑についてはこちら

シミと一般的にいわれているのは老人性色素斑です。
しかし、美白化粧品が老人性色素斑のシミに効くのは、初期段階のシミだけです。

目に見えるほどシミができてしまってから、美白化粧品を使っても、残念ながらシミを消すことはできません。
美白化粧品は、シミを消し去る効果はありません。

シミを消そうと、美白化粧品を使ってみるも、効果が現れなくてあきらめてしまった経験はありませんか?

じつは、美白化粧品が悪いのではなく、使い方を間違えているのです。
シミに効果的な美白化粧品の使い方は、あくまでも予防として使うことです。

美白化粧品の美白成分は、シミを消し去る成分ではなく、メラニンの生成を抑える成分です。

一般的なシミである老人性色素斑は、その名のとおり、年をとると現れるものですが、早ければ20代には出てしまいます。遅くとも40代になれば、誰にでもできるものです。

シミができてから美白化粧品を使うのではなく、なるべく若いときから美白化粧品を使って積極的なスキンケアをすることで、シミができないようにするのが正しい使い方です。

美白化粧品でシミが消えると思っていた方は、あまり過剰な期待をしないで、これ以上シミができないように末永く美白化粧品を使ってください。

また、早く消したいシミには、美容皮膚科などで行えるレーザー治療やケミカルピーリングなどが有効です。

Page Top ▲

住宅ローンについて