そばかすの原因と対策

そばかすは、一般的に小さいシミのことをそばかすと呼びます。
しかし、そばかすは、厳密には、遺伝的なシミのみをいい、そばかすは、医学的には雀卵斑と呼ばれます。


そばかすを漢字で雀斑と書きますが、これは、そばかすの斑点が、すずめの羽にある斑点に似ているためと言われています。


そばかすは思春期に目立ち始め、小さい茶色い色素班が、鼻を中心に散らばるようにできます。
そばかすは、鼻のまわりに多くできるのが特徴です。また、胸元や背中にできるケースもあります。


そばかすをよく見ると、シミのひとつひとつが、丸というよりは、三角や四角い形をしています。
そばかすは白人にはとても多いのですが、日本人でも色素が少ない色白の人に比較的多く見られます。


そばかすの治療法としては、レーザー治療が最適です。
そばかすを跡形もなくきれいにとることができますので、そばかすで悩んでいる人は、思い切って美容整形に相談してみてはいかがでしょうか?


また、シミと同じように、ビタミンCを積極的にとることが良いとされています。
メラニンの生成や沈着を抑えるにはビタミンEも効果的ですし、新陳代謝を促進するビタミンB郡もとるとよいですよ。


しかし、そばかすには美白化粧品の効き目はあまりよくないようです。
シミそばかすを予防する医薬部外品としては「コウジ酸」、「アルブチン」、「エラグ酸」などがあります。
シミそばかすの原因となる「メラニン色素」の合成を抑制する効果はありますが、シミそばかすを消してしまうほどの効果はないからです。

Page Top ▲

住宅ローンについて