シミの種類

シミといってもいろいろな種類があります。
黒っぽいものはなんでもシミと呼ばれるので、専門化が見るとホクロやイボに相当するものでも「シミ」と呼ばれます。

(1)老人性色素班

シミの多くは、この老人性色素班です。
老化とともにリポフスチンという過酸化脂質が皮膚に蓄積することからできるシミです。
リポフスチンの沈着による細胞自体の酸化なので一度できるとレーザー治療でない限り消すことはできません。

ごく初期のものであれば美白化粧品も有効なので、若いときから美白成分の入った化粧品をつかいましょう。


(2)ソバカス

ソバカスは遺伝的なものなので、美白化粧品はほとんど効果がありません。
レーザー治療でキレイにとることができます。


(3)炎症性色素沈着

ニキビの痕、かぶれ、傷の痕などに色素が沈着して、茶色くシミになって残ったもの。
時間が経てば消えることが多いので、あまり心配は要りません。


ケミカルピーリングや美白化粧品が有効です。


(4)肝斑

このタイプのシミは妊婦に多く、頬、額、口周りなどに左右対称にできるのが特徴です。
女性ホルモンのバランスがくずれたときにできやすいので、妊婦でなくても生理中にもできやすくなります。


レーザー治療は向かないので、ケミカルピーリングビタミンCや美白化粧品などで対処します。


(5)花弁状色素班

このタイプのシミは、肩から背中のほうに、花びらのような形をした小色素斑が多発しているものをいいます。海水浴などで急に日焼けしたあとにできるシミです。
肌の色が白い人に出やすい傾向があります。


レーザー治療以外の方法で消すことは難しいようです。


Page Top ▲

住宅ローンについて