シミの原因(紫外線)

シミのできる原因の大半が紫外線によるものです。

シミのできるメカニズムについて見てみましょう。
皮膚の細胞が炎症やアレルギー反応を起こすと、肌を上部にするためにメラニン細胞がメラニン色素をたくさん放出し、近くにある表皮細胞を染めて肌を黒くします。


これが日焼けした状態ですね。
日焼けも肌の炎症の一種ということです。


健康な状態であれば、メラニン色素が発生しても、表皮細胞のターンオーバによって上に押し上げられ、最終的にはアカとなってはがれ落ちます。

ところが、ターンオーバーが遅れたり、過剰に紫外線を浴びるなど、ターンオーバーが追いつかないほど大量にメラニン色素が作られたりすると、メラニン色素の排出がうまくいかなくなり、役目を終えたあとも肌に色素が残ってしまいます。

シミは、その残った色素が時間とともに沈着したものです。

シミは、ここ最近浴びた紫外線のせいではありません。
生まれたときからの紫外線の積み重ねが、ある日突然、シミとなってあわられるのです。

シミの原因となる一生分の紫外線の約6割は、10代のうちに浴びてしまっているといわれています。
シミなど、紫外線による「肌老化」から美肌を守るためには、若いときから紫外線対策をしっかり行うことが大切です。

シミ対策を若いころにしてこなかった人も、今からでも決して遅くはありませんから、しっかりと毎日シミ対策をしましょう。


シミができてしまっていても、あきらめないで正しいスキンケアを行えば、薄く目立たなくすることもできますから心配はいりません。

Page Top ▲

住宅ローンについて