美肌に効果的な食事

美肌によい食事というとどんな食事を想像しますか?
野菜、玄米ばそ健康に良い食事を思い浮かべるのではないでしょうか。

たしかに間違いではありません。
ですが、20〜30代の独身女性の場合、「炭水化物に偏りすぎでいる」という問題があります。
また、野菜はサラダなどの生野菜でとっているか、野菜ジュースで済ませていることも問題です。

はたらく女性のランチタイムといえば、パン、おにぎり、パスタ、サラダ、野菜ジュースなどが大人気です。

しかし、美肌のための食事というと失格です。
炭水化物はお肌への栄養にはなりませんし、生野菜のサラダに入っている野菜は、ビタミン含有量の少ないものばかりで、しかも体を冷やしてしまいます。

体が冷えると、血行不良になり、お肌の大差が下がってしまいます。
野菜ジュースも同様です。


美肌に効果のある成分はベータカロチン(ビタミンA)とビタミンCです。
ベータカロチン(ビタミンA)は抗酸化作用が強く、紫外線によるダメージの修復、肌あれや老化を予防する働きに優れています。


ベータカロチン(ビタミンA)を多く含む食材は、ホウレン草やニンジンなどの緑黄色野菜で、緑の濃い野菜ほど多く含まれています。


⇒ ビタミンAの詳細


また、ビタミンCはジャガイモやカリフラワーといった淡色野菜に多く含まれています。


⇒ ビタミンCの詳細


そして、女性に不足しがちなものにタンパク質があります。

お肉はお肌を生み出すモトになるものですから、1日100gぐらいは摂る必要があります。
脂身の少ないササミなどでかまいませんので、しっかり摂るようにしましょう。


逆に美肌にとって悪影響を及ぼす食材は、塩分、刺激物、過剰な動物性脂肪です。
摂りすぎには気をつけましょう。

Page Top ▲

住宅ローンについて