コラーゲンの効果


コラーゲンは紫外線や加齢によって劣化し、シワやたるみの原因となります。


美肌に欠かせない存在としてコラーゲンはすっかり定着しましたが、「コラーゲン」とはたんぱく質の一種で、繊維状の構造を性質があり、人の体では、皮膚のほかに、筋肉や骨、内臓などいたるところに存在します。


お肌のコラーゲンは真皮の部分にあり、真皮の約70%コラーゲンでできています。
コラーゲンはゴムのように弾力をもった繊維なので、肌を押しても元に戻るし、多少は伸び縮みもします。

しかし、紫外線や加齢によって劣化すると、古くなったゴムと同じで、弾力を失ってしまいます。


そして、40代以降になると、ほとんど新しくコラーゲンがつくられることはありません。
そのため、コラーゲンはどんどん古くなっていき、量も減少していくのです。

これがシワとたるみの根本的な原因となっています。


そのため、30代から新鮮なコラーゲンを摂取することが美肌には欠かせません。
良質のコラーゲンを摂取することでコラーゲンの新陳代謝が活性化され、コラーゲンの生成がなくなってしまっても、常に体内には新鮮なコラーゲンが多く含まれた状態になります。
そして、コラーゲン老化による症状を改善させ、肌の保水能力、シミ・シワ、髪の毛の健康の回復に役立つのです。

美肌を手に入れるためには、コラーゲンが欠かせません。


また、新鮮なコラーゲンを摂取することは、美肌のみならず、関節痛の緩和、骨粗しょう症の予防、動脈硬化の予防など、健康で快適な生活を送るために好影響を与えてくれます。

Page Top ▲

住宅ローンについて