セラミドの機能

美肌とセラミドの関係を見ていきましょう。
角質のバリア機能は、じつはお肌の中の「セラミド」の量と深く関係しています。
セラミドの量が減ると、角質のバリア機能も弱まります。


角質層は、角質細胞と細胞間脂質(セラミド)でできています。
角質層は、レンガとセメントのような構造をしています。角質細胞をレンガにたとえると、セラミドなどの角質細胞間脂質がセメントで、角質細胞をつなぎとめます。


セラミドはバリア機能、美肌を維持するのに重要な成分です。


角質細胞間脂質(セラミド)はコレステロールのようなものを原料として、表皮細胞の中でつくられます。
セラミドが水と結合して、お肌の水分を守り、また、外からの刺激からお肌を守る重要な役割をしています。

さっきのたとえでいうと、
セメント部分のセラミドが足りなくなると、レンガ部分の角質細胞がぐらついてしまい、一部がはがれ落ちたりしてしまいます。

この状態が、お肌の表面から粉をふいた状態です。

レンガ部分の角質細胞が脱落すると、当然、バリア機能が弱まってしまい、外から刺激が入り込んできます。
また、お肌の水分が蒸散してしまい、ますます乾燥肌になってしまうのです。


お肌が乾燥すると、おあ肌は水分の蒸散を守ろうとして角質が厚くなるため、くすみの原因となります。
また、角質が厚くなると毛穴が詰まりやすくなりので、ニキビの原因にもなります。

そして、お肌を守るバリア機能がなくなるため、紫外線の影響をダイレクトに受け、シミができやすくなります。
紫外線はコラーゲンも破壊するためシワもできやすくなります。


セラミドはレンガを支え、さらに水分をキープしている、お肌にとってもっとも大切なもののひとつです。
ただし、年齢とともにセラミドの生産量は減ってきます。そのため、年齢とともにお肌は乾燥しやすくなっていくのです。

セラミドを増やすことがアンチエイジングのポイントのひとつです。

Page Top ▲

住宅ローンについて