角質のバリア機能

セラミドという名前を聞いたことがありますか?
最近よく耳にするセラミド、美肌には欠かせない成分です。

私たちが素手で洗剤をさわっても、洗剤が肌にしみこんでくることはありません。
海に入っても塩漬けになることはありません。
これは角質層にバリア機能が備わっているからです。

角質層は、肌の表面にある層です。厚さは0.02mmほどしかありませんが、この角質層が、肌にふれるすべてのものから守ってくれ、また、内側から水分が蒸発するのを防いでいるのです。

健康な角質層は、自分自身で保湿成分をつくりだしています。
この保湿成分がセラミドです。角質層が自分自身でセラミドなどの保湿成分つくりだしているため、約30%ほどの水分を含んでいます。

この保湿成分が低下し、水分が蒸発してしまった状態が乾燥肌です。
乾燥肌になると、当然、バリア機能が損なわれてしまいます。

乾燥肌は水分とミネラル分が欠乏した状態のこと。ハリを失った乾燥肌の角質ははがれやすく、いとも簡単に角質のバリア機能を薄弱化させてしまいます。

そのため、外からの刺激が入り込みやすくなり、小さな刺激にも過敏に反応してしまいます。
これが敏感肌というわけです。

そのため、化粧水がしみたり、髪がふれただけでかゆくなってしまうという症状が起きてしまいます。

また水分の蒸発とともにセラミドなどの細胞間脂質も衰退していくために、角質全体の弾力がなくなります。

バリア機能の低下 → 保湿成分保持機能の低下 → 肌の弾力の低下

この悪循環が老化の原因となってしまいます。

Page Top ▲

住宅ローンについて