スキンケアで美肌美人 >スキンケアの基本> 美肌の条件2 ハリのある肌

美肌の条件2 ハリのある肌

お肌のハリは、お肌の奥の真皮の状態によって決まります。

肌表面のハリや弾力を支えている真皮は、コラーゲンとエラスチンという2つのたんぱく質からできているスポンジ状の組織です。肌にハリや弾力があるのは、コラーゲン繊維の方向が複雑に絡み合った立体的な網目構造となっているからです。その網目構造の隙間を潤い成分(ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸、水など)が満たしています。

ハリを決める真皮に、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸、水などの潤い成分がめいっぱい詰まっていれば、真皮はパンパンにふくらんだ状態で、その上を覆う表皮にシワひとつ寄りません。

ところが、ハリの元になる真皮の内容量が減少したり、繊維質の結合力が弱まったりすると、真皮はしぼんだ状態になり、その上を覆う表皮が余ってシワになります。

ハリがなくなる原因としては、水分と油分の両方が不足している、新陳代謝が活発に行われていない、などが挙げられます。

また、真皮はその下の皮下組織を支える役目も果たしているため、真皮の結合力が弱まると、支えを失った皮下組織は重力に引っ張られて少しずつ下へ下へ下がっていきます。これが、たるみとなります。

真皮を構成するコラーゲンやヒアルロン酸などは、いずれも繊維芽細胞という細胞によって作り出されており、この働きを活性化させ、お肌の弾力成分の破壊を防ぐことが、肌のハリを維持する上で重要なカギとなります。

肌のハリを維持すのに必要なのがビタミンCと銅です。

Page Top ▲

住宅ローンについて