スキンケアで美肌美人 >乾燥肌のスキンケア> カサカサ肌の原因と対処法

カサカサ肌の原因と対処法

カサカサ肌にお悩みの方も多いですよね。

カサカサ肌をそのまま放っておくと、お肌の水分がなくなって、外からの刺激が入りやすくなります。そうすると、湿疹を引き起こしたり、アトピーが悪化したり、そして炎症を引き起こしてしまいます。さらに女性にとっては美肌の大敵、小じわやくすみの原因にもなってしまいます。

カサカサ肌になってしまう原因っていったい何なのでしょうか?

それはお肌の油分と水分不足です。

お肌の潤いは角質層に閉じ込められています。さらにその角質層の上に皮脂が膜をり、水分の蒸発を防いでいるのです。潤いには皮脂が大事な役割を果たします。洗顔のしすぎなどで必要な皮脂までとってしまい、水分も蒸発してしまいます。

皮脂がなくなって角質層がむき出しになると、水分が蒸発して角質がはがれてきてしまいます。
カサカサ肌はこのような状態になってしまったことをいいます。

夏場はエアコンや紫外線、冬場は暖房、厚着、電気毛布などによる乾燥で、お肌の水分がどんどん蒸発していってしまいます。冬は寒いから厚着をしがちですが、汗をかくことで水分が蒸発してしまい、かえって乾燥してしまいます。薄着を心がけましょう。

カサカサ肌を解決するには、なによりも保湿が大事です。
朝と夜、しっかりとローションなどで水分を補給して、お肌の水分を逃がさないように、保湿ケアをしましょう。

また、食事でもビタミンEを多くとるように心がけておくだけでもまったく違ってきます。
スキンケアももちろん大事ですが、食事面も気をつけることが美肌づくりのコツです。

しっかり保湿していれば健康肌をキープすることができます。
カサカサ肌を招いてしまうのは、スキンケアに大きな落とし穴があると思って間違いありません。

Page Top ▲

住宅ローンについて