美肌の大敵!シミの原因

そもそも肌が黒くなるのはどうしてでしょう。
それは有害な紫外線を体内に入れないようにする身体の防御反応なのです。

紫外線を浴びると、細胞内で活性酸素が発生し、黒いメラニン色素を作る作用を持った、表皮の一番下にある色素形成細胞(メラノサイト)が刺激を受けて、メラニン色素を作り出します。

このメラニン色素が、紫外線の害から肌を守ろうとして、肌の色を黒くするのです。
逆に紫外線を浴びなくなれば、メラニンの量も通常に戻るので、焼けた色も少しずつ元に戻っていきます。

また、皮膚が老化すると、細胞活性が衰えて、メラニンの代謝も悪くなり、色素が皮膚にたまりやすくなります。


一昔前は、小麦色の肌が健康的だと言われていましたが、
紫外線を繰り返し浴び続けるとどうなるのでしょうか?

紫外線を浴び続けることで、大量のメラニンが作り出されます。
そうすると、メラニン色素が排出されない部分がでてきて、お肌の一部に色素が残ってしまいます。

そう、これが「シミ」です。

そして、角質層や表皮の上部にメラニン色素がたまった状態になると、「くすみ」となり肌の透明感が失われます。

また、シミやくすみだけでなく、紫外線による活性酸素は、肌の乾燥、しわ、たるみなど、肌の老化を引き起こす原因となっています。そのため、最近では抗酸化作用のあるフィトケミカルなどが美肌つくりに欠かせないといわれているんですね。


美肌と美白のためには、紫外線から肌が焼けるのを防ぐことが大切です。
まずは、紫外線の侵入を防ぐ。これが美白スキンケアの第一歩です。

Page Top ▲

住宅ローンについて