毛穴スキンケア

毛穴とは、文字通り「毛の生えている穴」のことですが、それだけではなく、さらに「皮脂の分泌が行われる表皮の穴」のことです。

毛穴には「終毛性毛包」「軟毛性毛包」「脂腺性毛包」という3つの種類があります。
このうち、「脂腺性毛包」が「皮脂毛穴」と呼ばれ、出入り口が大きいので汚れがたまりやすく、黒ずみやテカり、べたつきの原因となっている困った毛穴なんです。

しかし、人間の皮膚は、この皮脂によって表面を覆われることで保護され、うるおい(=水分)を保っています。

毛穴から分泌される皮脂は、ほこりや紫外線などからお肌を守るバリアの役割を果たしています。
また、外側からお肌を守るだけではなく、皮膚の内部の角質層にある水分を乾燥から防ぐため、毛穴から皮脂が分泌されるのです。この毛穴から分泌される皮脂が皮脂膜という膜を張って水分の蒸発を防いでいるのです。

皮脂は美肌スキンケアにとってかかせない大切なものですが、多すぎても少なすぎても困りものです。
多すぎる皮脂は脂性肌と呼ばれ、にきびなどの肌トラブルを引き起こし、少なすぎる皮脂は乾燥肌と呼ばれ、紫外線、温度変化、ストレスなどの影響を直接受けて、さらに乾燥してしまいます。

毛穴の重要な働きが適度な皮脂の分泌量を維持することです。
つまり、皮脂の分泌量を適量に調節し、汚れを取り除いて毛穴を引き締めるスキンケア方法を行うことが美肌スキンケアのための毛穴スキンケアということです。

Page Top ▲

住宅ローンについて