乾燥肌の原因

乾燥肌の原因は、間違ったスキンケア方法、紫外線、冷暖房による急激な温度変化、食生活、ストレスなどによって引き起こされます。

そもそも乾燥肌とは、必要以上に水分が蒸発してしまったお肌の状態のことです。


スキンケア方法を間違えて、乾燥してうるおいをなくした肌は、新陳代謝のリズムが狂ってしまい皮脂の分泌が減少してしまいます。
皮脂っていわれると、オイリーなテカテカを思い浮かべてちゃいますが、本来、皮脂は外からの刺激やストレスから肌を守るバリアの役割をしているんです。

乾燥肌にならないための皮脂膜というバリアです。

乾燥肌から守ってくれる皮脂膜は、外からバリアの役割を果たすとともに、お肌にフタをして、内側の水分を外に逃がさないようにする役割もしてくれる、とっても大切な存在。


乾燥肌になってバリア効果が弱くなると、紫外線、温度変化、ストレスなどの影響を直接受けて、さらに乾燥してしまいます。このとき、肌はこの状態を改善しようとターンオーバーの周期を早めます。そのため、表皮は十分に水分を含んでいない未熟な角質細胞に覆われ、表面がカサカサになります。そこに、紫外線を浴びたり、刺激やストレスが加わるとターンオーバーの周期はさらに狂い、回復することができなくなってしまいます。


この悪循環に陥ってしまうと、人が本来持っている自然回復力だけで改善するのは困難です。

乾燥にさらさられると、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、隙間が生じていきます。この隙間を通して、表皮の水分が蒸発してしまい、いくら化粧水で補っても乾燥肌は治らなくなってしまいます。

その結果、水分を失った表皮はさらに薄く硬くなり、小じわになってしまいます。

また、水分がなくなると新陳代謝のリズムを狂わし、肌の防御力を弱め、シミ、シワ、肌荒れなどのトラブルを引き起こします。

だからこそ、スキンケア方法をしっかり行って、事前に防ぐ必要があるんですね。




Page Top ▲

住宅ローンについて